粋看

こころの看護についてを紹介しています。病気だけでなく人付き合いや子育て、恋愛などにも応用できますので御一読ください^^

挨拶 精神科看護技術

「こころ」を勉強していくうちに、忙しくも充実した日々になってます。

投稿日:2017年5月13日 更新日:

Pocket

赤チン

毎日更新してねえじゃねえか!!

 

※突っこみどころ赤丸

osamu

いや…うん(´Д`)

 

赤チン

言ってたこととちげえじゃねえか!!

 

osamu

俺も忙しくなりすぎてるんじゃ
ヽ(・∀・♯)ノ

 

と最近本当に忙しくなっているので、その理由とついでにこのブログ記事作成にあたっての参考書籍を紹介してみたいと思います(^^;
こんなん記事になるのか(´Д`)

 

 

 

最近忙しいが過ぎる理由

つーか…(´Д`)

 

最近どんどん本が増えていく一方で、これらを読む時間がけっこう多い状況です(´Д`)
※まだ他にも10冊くらいあります。まだ増えます(´Д`)

 

このブログの目的は精神科看護の面白さこころについてを知る事で色んな事に応用できる事をテーマにしている為、テーマに関係しそうないろんな本を読んでいます。

 

 

ブログのキャッチコピーである

こころの看護についてを紹介しています。病気だけでなく人付き合いや子育て、恋愛などにも応用できますので御一読ください^^

を行うためには

 

専門的でもあり、一般的でもあり

テーマを追求するための研究であったり

臨床の場面できちんと使える知識テクニックであったり

 

このテーマをきちんと人に教えられる内容などにする為、日々勉強の毎日です。
(´Д`)タイヘンスギル

 

 

勿論自分が楽しいからやっているんですけどね
ヽ(・∀・)ノ

 

この「こころ」を勉強していくと、自分自身でもストレスと上手に向き合えるようになったり、相手に自分の気持ちを分かってもらえるようになったり

 

仲間や友人や恋人などたくさんの人間関係が増えたり人生が豊かになっているの実感しています^^
ブログにどんどん素敵?な仲間が加わってます。?(´Д`)人(´Д`)…

 

話を戻して、とりあえず精神科看護や人付き合いなどに必要な事が書いてある自分が参考になったなぁと思う書籍を紹介してみたいと思います。

 

書籍紹介

ざっくりと紹介してみると( ..)φカキカキ

 

まずは水希先生の本です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

銀座No.1ホステスの心をつかむ話し方 (だいわ文庫) [ 水希 ]
価格:702円(税込、送料無料) (2017/5/13時点)

心理学のテクニックを用いてお客さんのこころを掴むと一見の聞こえは悪いかもしれませんが、それは誤解です。

 

私自身この本を読んで、コミュニケーション技術についてを改めて考えさせてくれた内容でした。

 

先生が書いた内容を私の拙い文章力では表現しきれないので、ご興味があれば是非参考にしてみてください^^
コミュニケーションは愛情からはじまること。[コミュニケーション]

 

 

ついでは心理学の本です

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

面白いほどよくわかる!心理学 [ 渋谷昌三 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/13時点)

 

これも心理学の基礎や応用が素人でも解りやすく書かれている本です。

ライフサイクルや教育指導記事もこれを参考にして書いています。
成長発達、ライフサイクル
教育指導

 

 

そして精神科看護や疾患の理解の為に買った本たちです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ICD-10精神および行動の障害新訂版 [ 世界保健機関 ]
価格:5184円(税込、送料無料) (2017/5/13時点)

 

これもなるべく端的に疾患に対する診断や症状などが書かれていて、疾患の事を考えるときにこれを見直します。

 

ぼちぼちICD-11が適応されそうな現状なので、また買い直さないといけませんね(^^;
(´Д`)タケエ

これと同時に

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DSM-5精神疾患の分類と診断の手引 [ 米国精神医学会 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2017/5/13時点)

上にあるICD-10と一緒に見直してみる本です。この2冊から疾患の特徴を見ていく考え方から、こころの動き方・働き方を考察する事もあります。

 

こころの正常だけでなく、異常をきちんと知らないとブログのテーマに対する内容が書けないと思うので
(`・ω・´)ゞ
めっちゃ難しいけど(´Д`)

くるりん

この本も読んでみなよ~

 

osamu

を。じゃあお借りします
m(_ _)m

 

 

 

…(´Д`)

 

 

難しすぎてわかんねえよ!!

ヽ(・∀・♯)ノ

 

精神医学書のおそらくいっちゃん良いやつを貸していただきましたが、正直今の私ではこれを読み解いて記事に起こせるレベルにありません。
(´Д`)スンゲエ ムズイ

 

でも、近いうちにここに書かれている事を実際の場面で活用できるよう精進したいと思います。
(`・ω・´)ゞ
本当にいつの日になるやら…
(´Д`)

 

とまだまだ最近増えてきた本がありすぎる状態です。そしてなおまだ読んでみたい本がたくさんあります。
/(・∀・)\キリガネエ

これらの本がある程度読み解けたら、またこんな書籍紹介をしてみたいと思います^^

 

最近忙しいが過ぎる理由2

正直本を読むだけが忙しい理由ではなく、最近自身の仕事がルーチンワーク以外の事にも取り組まないといけなくなってきた状況もあります。
(´Д`)イソガシイ

 

今現在取り組んでいる仕事内容が「退院支援」といった精神科において非常に難しい事をやっています。

 

主には長期入院者をどのようにして退院につなげるかを検討する内容なのですが、様々な理由が重なりなかなか実績が得られない状況です。
これから変わるであろう精神科看護
精神科患者さんの退院先と福祉利用の一例

 

これらの問題を解決するために、患者さんの「生活遂行能力」を評価して、退院までのプロセスを分かりやすくしようと試みています。

この「生活遂行能力」に関しては社会生活そのものやいろんな心の病の影響を考慮しないといけない為、スケール作成が困難を極めています(´Д`)
「社会生活」能力について

 

ですが私の着眼点に対して、現状3名の医師がフォロワーになっているとてもありがたい状況なので、やりがいを感じています。
(`・ω・´)ゞ

今後はこの「生活遂行能力スケール」作成過程も記事にしていきたいと思います。

 

osamu

正直こんな感じでオーバーワーク気味(´Д`)タスケテ

 

赤チン

やってる事の大変さは良く分かるよ!!

 

osamu

あい。困った時は手伝っておくれ(´Д`)

 

終わりに

このような状況のため、ブログ更新が滞っている状況です(^^;

ですが、この「こころ」の勉強をしていく事で、仕事もプライベートも以前とは明らかに充実しているのを実感しています。

疲れるけど面白い!

ヽ(・∀・)ノ

って感じですね^^もしこのブログを通して、私に興味を持ってくれる方や協力していただける方、応援してくれる方などいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください^^

ランキングサイト参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

健康と医療ランキング
応援ポチしてくれたら喜びます。
ヽ(・∀・)ノ

-挨拶, 精神科看護技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

精神科の「危険物」についてマジで考えてみた。[精神科看護技術]

毎回悩まされる精神科病院での持ち込み品のトラブル… (´Д`) この持ち込み品が何故危険物なのか?何故場所場所によって危険物の取扱が違うのか? 今回はこの精神科病院での危険物とは?といった事を紹介して …

no image

ただ単純に自分の「こころ」を言ってみた。[挨拶]

ブログを始めて大体一か月が経ちました。なかなかアクセスが集まらないのも寂しいなぁ…(´Д`) と思いつつ、自分の勉強にもなっている。と日々なるべく毎日更新が出来る様に記事を書いています。 普通にフルタ …

no image

精神科における「危険物」とは

現在精神科看護師の仕事を紹介する形で自己学習と振り返りを行っている最中です。   以前精神科と一般内科等での仕事の違いを紹介してみました。 ※精神科と一般内科でお仕事の違い その中であった危 …

ブログにどんどん素敵が過ぎる仲間が集まってます。ザツ(´Д`)人(´Д`)…

現在精神科についての勉強や仲間集めをしています。 そんな中でどんどん仲間や協力者が増えるのは嬉しい事ですねぇ(●´ω`●) つーかいまのところ人外しか出てきてねえけど(´Д`) ※自己紹介および協力者 …

ブログに素敵な仲間が加わりました。(´Д`)人(´Д`)

現在改めて精神科に必要な勉強をしている最中です。   看護師の基本はまず相手のニーズを知るために「傾聴」の姿勢が必要と思い、コミュニケーション技術に関する記事を書いてみました。 ※コミュニケ …